カレント ミラー 回路。 2

カレントミラー回路の使い方などをまとめます

よって、左上と右上の Vgs は確かに異なります。 温度によってベース-エミッタ間電圧が変化するため、Q 1とQ 2を熱結合して温度条件を同一にそろえる必要があります。 これがこの回路の動作原理で、左側の電流をちょうど鏡に映したように右側にコピーするので、カレントミラー回路と呼ばれています。 さらに、もともとの発想が可変抵抗に大電流を流すと壊れるのを防ぐという目的なのに、この回路ではLEDに流れる電流が全てk可変抵抗に流れてしまっています。 この簡素な構成では、グラウンド側の電流源を使用してDC電源側のカレント・ミラーを駆動し、そのカレント・ミラーが負荷を駆動します。 この構成では、以下で示すように出力電流 I OUTと I REFとの関係は陽に表すことができる。

もっと

4558オペアンプの内部回路を解析する

これを避けるために、設計者は適切な対処法を知っておかなければならない。 また、電流信号のコピーだけでなく、増幅も使える。

もっと

カレントミラーによる可変定電流回路について....

つまり所望のコレクタ電流が流れるように「出力」であるベース-エミッタ間電圧が自動的に決定されるということである。 そのため、図10に示すように、1個のオペアンプと1個の計装アンプ、1個の電流検出抵抗を使用して比較的容易にバイポーラ型の電流源を構成することができます。 色々間違っていると思います。

もっと

差動増幅+カレントミラー

最も簡単でよく知られているのは、図9に示すハウランド電流ポンプです。 今回の記事では、降圧コンバーター、昇圧コンバーター、昇降圧(反転)コンバーターのそれぞれにおける電力安定化について解説します。 またI SAT1とI SAT2はそれぞれQ 1、Q 2の飽和電流です。 エミッタ抵抗は固定にします。 Q 2はダイオード接続で、Q 1とQ 2のベース電圧は同一であるため、Q 1とQ 2の特性が等しいものであれば、Q 1のエミッタ電流I E1とQ 2のエミッタ電流I E2は等しくなります。

もっと

カレントミラー回路の利点(温度面での)トランジスタ1つのエミッ...

下図に、NMOS で構成したカスコードカレントミラーの回路図を示しました。 図4 コレクタ電流と端電圧 解析結果が図4になります。

もっと