たんぽぽ 劇団。 劇団たんぽぽと西遠

劇団たんぽぽ訪問報告

劇団全員が「『おふくろ』こと葉子に見てもらいたい」と、死去直後から準備を始めた劇であり、では「迫力満点でユーモアと風刺に富んだ芝居で、会場の共感を呼んだ」と報じられた。 90歳近い劇団員の先輩にも指導に参加していただいています。 2019年12月14日閲覧。

もっと

劇団たんぽぽ

「本県ゆかりの女性先駆者を写真で紹介 しずおか女性の会」『静岡新聞』、1995年1月25日、朝刊、16面。 小さな子から大人まで、幅広く楽しめる劇だったと思います。 このために少年院や鑑別所を出て、親の手に負えない子供が、葉子のもとに預けられることも多くなった。 翌(5年)より、葉子は新劇の舞台を踏み始めた。 この子供たちは、劇団内で悪事を働く者も何人かいたものの、多くは劇団の仲間として、生きる希望を見つけていった。

もっと

劇団たんぽぽ|上演作品「どえらいでぇ!ミヤちゃん」

。 このために教員の道を諦めざるを得なかった。 主な対象:中高生~青年 家で看取るということに挑戦した家族の物語。 学生の趣味の範囲の演劇ではなく、本職の者たちによる舞台である。 本田節子『小百合葉子と「たんぽぽ」』、1986年11月20日。

もっと

劇団員はどうやって収入を得るのでしょうか?劇団に入りたいと思っています。でも...

葉子も戦争を逃れ、夫の郷里を頼って、笹部へ疎開を強いられた。

もっと

劇団たんぽぽ

刑務所が葉子の真意と人柄を理解し、疑問は氷解した。 (昭和28年)には、活動拠点を長野から葉子の郷里の浜松へと移した。

もっと

劇団たんぽぽ(げきだん・たんぽぽ) |ふじのくに ささえるチカラ

1969年(昭和44年) -• (昭和60年)には、児童演劇における女性出演者の活動が男性と比較して未開拓との理由で、児童演劇界の女性の業績を讃えると共に、その積極な活動を期待するものとして「O夫人児童演劇賞」が日本児童演劇協会により設定され 、最終審査において満場一致で葉子が受賞者に決定した。 道場の焼失や多くの見舞いにも泣かずに通した葉子は、この手紙に初めて涙を流した。 1918年(大正7年) - 西園実科高等女学校を卒業。 これは、やさしさのこもった勇気のあるお話だと思いました。 観劇後の手紙には、「私も、ぼくも、マコトみたいになりたい」と書いている児童が多くいました。 当時は映画の入場料が約120円であり、50万円は平成期以降にすれば700万円近い大金になることから、その友情の深さが偲ばれる。 「まるや」には、当時の売出し中の若い作家、画家、音楽家たちが毎日のように訪れており、葉子は彼らと関わりをもった。

もっと