Jfe スチール コロナ。 JFEスチール、西日本製鉄所の高炉2基休止 コロナで自動車向けなど需要急減(日刊自動車新聞)

» 新型コロナウイルス感染拡大 鉄鋼、非鉄業界に影響広がる 在宅勤務、出張禁止など防止策 | 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」

また、5月から全社の約1万5千人の従業員を対象に上限3日間、一時的に休業させる「一時帰休」を行う。 01 【重要】サーバ停止と電話不通のお知らせ 健保入居のビルの計画停電のため、 2020年12月4日(金)17:30~12月7日(月)9:00の間、「組合員専用ページ」および「保養所空室情報ページ」がご利用頂けません。 は鉄鋼に加え、建設機械などの売上高も減少した。 跡地は自治体と連携し、環境リサイクル拠点や倉庫に有効活用されるのが良い。

もっと

鉄鋼大手3社が4~6月期赤字 JFE、通期純損失1000億円:時事ドットコム

米国をはじめ、主要国のGDP成長率予想が引き下げられているなか、市場参加者の間ではJFE全体の業績がさらに悪化するのではないかといった懸念が増している。 JFEホールディングス(HD、東京)の柿木厚司社長は12日、JFEスチール西日本製鉄所福山地区(福山市)で6月下旬から一時休止中の高炉1基を、早ければ10月下旬に再稼働させる方針を示した。

もっと

JFEスチール、西日本製鉄所の高炉2基休止 コロナで自動車向けなど需要急減(日刊自動車新聞)

また、これまで公表を見送っていた来年3月までの1年間の業績予想については、需要は回復傾向にあるものの、これまでの落ち込みが大きいとして、最終的な損益が1000億円の赤字と、2年連続の赤字になる見通しを明らかにしました。 JFEグループ会社の事務職 JFEスチール(東京)は6日、高知県で新型コロナウイルス感染が確認された倉敷市在住の60代男性会社員について、西日本製鉄所倉敷地区(同市水島川崎通)構内のグループ会社社員だと明らかにした。 上期の粗鋼が1000万トンなので変化の幅が大きいと言われるが、それでも以前の水準には戻らない。 「下期の粗鋼生産計画1200万トンに基づき、バンキング(一時休止)を行っていた西日本製鉄所福山地区第4高炉の送風を8月26日に再開した。 これは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた生産調整などにより、主力の自動車向けの鋼材など鉄鋼製品の需要が落ち込んだためです。 新型コロナウイルスの感染拡大で自動車など製造業向けや建築向けの需要が急減。 橋本英二社長は8日の決算発表の電話会見で、「4~6月の粗鋼生産量は4割減になる見通し。

もっと

JFE、福山第4高炉10月にも再開へ 車向け回復

感染源は不明。 日本製鉄は北海道室蘭市、茨城県鹿嶋市、千葉県君津市、和歌山市にある高炉1基ずつを一時休止中。

もっと

» 営業戦略を聞く JFEスチール 小林俊文副社長 製品価格体系を再構築 原料高、鋼材価格に反映へ | 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」

21年3月期の連結業績予想は、通期で初めての営業赤字を見込む。

もっと

千葉地区

その目的は、設備トラブルが続き、市況悪化への対応が難しくなるという悪循環を食い止めることにあったと考えられる。 東日本製鉄所(千葉地区)は、首都圏をひかえた京葉工業地域に、戦後、わが国で初めて建設された銑鋼一貫の臨海製鉄所です。 創業者の悲願に国の銑鉄自給要請もあり1936年、最初の高炉が完成し、首都圏初の銑鋼一貫製鉄所として誕生した。 労働組合との協議が整えば実施する。 「下期に増加する粗鋼200万トンの大きな要因は自動車生産台数の増加だ。 ご不便をおかけ致しますが、何卒ご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

もっと