薬剤師 常駐 廃止。 薬剤師の常駐廃止⁉

薬剤師の未来は? 薬剤師が将来なくなる職業って本当?

1円)の医療費節減となっていることが判明 とあります。 「税金」と「保険料」は、お金をたくさん稼いでいる人たちがより多く納めるという仕組みになっているの。 ……って、やっぱり薬剤師は増えているじゃないかぁ!!! と思うでしょ?でも、薬剤師になるために受けなきゃいけない 薬剤師国家試験の合格者は、毎年ずっと1万人くらいで、大きく変わっていないんだよ。 2 薬歴管理・服薬指導 薬剤師は、医薬品の有効で安全な使用、特に重複投薬や相互作用の防止に資するため、患者について調剤された薬剤ばかりでなく、 必要に応じ一般用医薬品を含めた薬歴管理を行い、適切な服薬指導を実施すること。

もっと

薬局はいらない、薬局・薬剤師などは廃止できる??│以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

この論調で言えば、AIが発達すれば医師も不要ですよね? 薬剤師が不要かどうかはさておき、個人的な能力の無さを棚に上げて業界批判をするのは、いくらネットの記事だとしても感心できません。

もっと

薬剤師常駐廃止工程表

あと偽の名刺も渡されたそうです。 47%であった。 例えば、まぁこれは人にもよるんだけど、医療費が10,000円かかったとするよね。 そうはいってもなかなか初心者がゼロから学ぶのって大変です。 そういう事は無しなのでしょうか?? 今度は絶対に落ちたくないです。

もっと

薬剤師常駐廃止

(処方せんを廃止すれば、薬局・薬剤師などは廃止できる) として、「通販サイトで、医師が直接、医薬品宅配注文」をすれば、「薬剤師の技能も不要となり、薬剤師を養成する薬科大学も不要となる。

もっと

「対面撤廃」「常駐業務廃止」のインパクト|日経メディカル ワークス

機械化によって、駅員さんの仕事内容が大きく変化したんだよ。 薬学という、基礎科学から人体への応用までの学問をもっと使える業界は色々あると思います。

もっと

薬剤師はやめておけ!将来性もないし、今後はAIでなくなる仕事だと思う

… (薬種商販売業の許可) 第28条 薬種商販売業の許可は、店舗ごとに、その店舗の所在地の都道府県知事が与える。 薬剤師でもない人が行った行為を薬剤師の行為として請求するのですよ。 求人の募集状況なども確認することができます。 投与量の計算も既にプログラムを組んでコンピュータに計算して貰っていますから、疾患の鑑別よりも簡単にAIに取って変わられると思います。 2 運用上の留意事項 1 ガイドラインは既に法令上規定されているものを除き、薬局に対する行政指導の指針として実施するものであるから、相手方に対する説明と合意によりガイドラインの趣旨、目的の達成に努められたいこと。 薬剤師には夢も希望もないので早めに転職を考えておきましょう。

もっと

ハンコ廃止、薬剤師常駐の撤廃 等、菅&河野体制でのデジタル化推進が素晴らしい

第 四・第五 (略) 第 六 医薬品の販売業に関する事項 1 一般販売業 1 一般販売業の店舗において、医薬品以外の物を取り扱う場合には、構造設備規則第二条第一項第三号に規定する面積のほかに、それに必要な広さを有すること。 そういう考えもあるのですね。 医療・介護・福祉・歯科業界で働いている方、働きたい方のための総合情報サイト 日経メディカル ワークス 日経メディカル ワークスは、日本最大級の医療従事者向けポータルサイト「日経メディカル」と日本最大級の医療介護求人サイト「ジョブメドレー」が共同運営する医療・介護・福祉・歯科従事者のための総合情報サイトです。 次項及び第30条第2項において同じ。 そう考えると、機械化で仕事がなくなることをそこまで不安に思う必要はない気がしてきますね。

もっと

薬局(ドラッグストアー)に薬剤師は常駐しなくてもいいのか

13 一般用医薬品の供給 1 薬局は調剤とあわせて一般用医薬品の供給に努めること。

もっと

薬剤師はやめておけ!将来性もないし、今後はAIでなくなる仕事だと思う

の一月平均額が八〇〇万円までは一とし、それ以上八〇〇万円又はその端数を増すごとに一を加えた数。 調剤薬局であるならば事務職人員と比較するレベルで、管理薬剤師の数が足りない場合は少しアドバンテージがありますね。 今ぁる所でバイトをしているのですが(2ヶ月目位)前からずっとしたかったドラッグストアー(マツキヨ)でバイトを募集していました。 3 薬局の業務に従事する薬剤師の氏名を、薬局内の見やすい場所に掲示すること。 実際患者はそこまで多く求めてないし、優秀さよりも安い労働力、年齢、そいうものの方が大切な業界なのです。 2 前項の一日平均取扱処方せん数は、前年における総取扱処方せん数(前年において取り扱つた眼科、耳鼻いんこう科及び歯科の処方せんの数にそれぞれ三分の二を乗じた数とその他の診療科の処方せんの数との合計数をいう。

もっと