ダイソン スリム v8。 ダイソン「V8 Slim」は本当に“日本のためにつくった”、コードレス掃除機発表イベントレポ

“強い”のに小さくて軽くて静か! ダイソンの日本専用「Dyson V8 Slim」が想像以上によさげ

細くなった先端の先に取り外せるブラシが付いていて、長さをのばすこともできます。 (2020年9月22日更新) ・2020年8月14日の家電量販店で販売されていた価格を更新しました。 ダイソンのコードレス掃除機に付属している収納用ブラケットが設置でき、壁に穴を開ける必要がありません。

もっと

ダイソンの魅力はそのままにスリム化! 「V8 Slim」は手軽に使いたい人にピッタリ!【家電製品レビュー】

V8 Slimは日本の住宅に合わせた使いやすさが売りで、クリーナーヘッドも40%小型化、40%軽量化されたと紹介されています。 ダイソンV8やV10、V11など、いわゆるslimシリーズではない王道モデルのときにはヘッドはソフトローラーとブラシタイプの2つセットになっているラインナップもありますが、このダイソンV8 slimではソフトローラーのみのラインナップです。 たくさん付属品が付いているのがゴールドのフラッフィープロで、あまり付いていないのはグレーのフラッフィーオリジン。

もっと

ダイソン掃除機v7の問題点は改善されているのか⁈新製品のv8スリムと比較してみた

まず大きな違いは掃除をするうえで重要なクリーナーヘッドがDigital Slimでは「スリムフラフィクリーナーヘッド」が付いているのに対して、V8 Slimは「スリムソフトローラークリーナーヘッド」が付いています。 57kgも軽いです。

もっと

ダイソンV7 Slim、V8 Slim、V10、V11を比較!安くて使いやすいモデルはどれ?

価格差がだいぶ縮まっていていますがまだ V8の方がかなり安く買うことができます。 また、V7 Slimには従来のスタンダードモデルの「」が標準装備されており、フローリングに対応しているだけでなく、絨毯の深部から微細なゴミを掻き出す集じん力や、絨毯に頑固に絡みついた犬や猫の毛も効率よく掻きとることが可能。 V11とV8、どっちもどっちだなぁと思っていたところへDigital slim Fluffyの発売。 小さくて、一人暮らしによいです。 純正品の方がシンプルのような気もするけど。

もっと