Ldap チャネル バインディング。 2020年後半のWindows UpdateによるAD LDAP署名・チャネルバインディング有効化の影響について(2020/01/23)

【図解】SASLとGSS

プルダウンメニューから[署名を必要とする]を選択して、[OK] をクリックします。 関連情報 [AD管理者向け] 2020 年 LDAP 署名と LDAP チャネルバインディングが有効化。

もっと

【LDAP署名必須】2020年初頭のWindows Updateに注意

3 認証を実行する対象のADドメインコントローラーの設定を現状のままとする マイクロソフト社からは、ActiveDirectoryのLDAP認証機能について、WindowsUpdateによるポリシーの配信後も、現状と同じ設定(LDAP署名、並びにLDAPチャネルバインディングが既定値で不要のまま、LDAP認証を行える)のまま運用可能とする手順が案内されています。 関連するサポート情報を参照する際には、日本語版だけでなく、オリジナルの英語版(URLの「ja-jp」を「en-us」に置き換える)も確認してください。 「証明機関」スナップインから DER 形式の CA ルート証明書が取得できます。 続いて、 [ネットワークセキュリティ:LDAPクライアント署名~]のプロパティを開いて、 [署名を必要とする]か、 [要求時] Negotiateはそういう意味だよね。 X を利用している ・AD による LDAP 認証を行っており、プロトコルに LDAP を使用している <確認手順> 1. LDAP 接続が有効になっている場合、これらの変更に備えて環境を準備する必要があります。 チャブーンです。

もっと

LDAP署名およびLDAPチャネルバインディングの影響について

」とあるので、期待したとおりの動きに見えます。 私自身が特に気にしているところは、ADFSサーバが利用するAD認証とクライアント端末が利用するAD認証です。 2020 年 3 月 11 日 Windows Update 上で、Windows 向けのセキュリティ更新プログラムの配信を行いました。 A CBT is a property of the outer secure channel such as TLS used to tie bind it to a conversation over an inner, client-authenticated channel. カテゴリー:. クライアントを設定しないと、サーバーとの接続が失われます。

もっと

Windows Update(2020年3月の更新 → 延期)でLDAP 署名(LDAPS)と LDAP チャネル バインディングが有効になる(その1:すべきこと)

[グループポリシーオブジェクトの選択]ダイアログで [参照]クリックし、 [Default Domain Policy]をクリックし [完了]をクリックします。 確認を! セキュリティ アドバイザリ ADV190023 詳細は該当のサイトを見ていただくとして、簡単に言うと以下を行えというものです。 SASLs には、Negotiate、Kerberos、NTLM などのプロトコルとプロトコルのダイジェストが含まれます。 そう考えると大きな影響がある Windows アップデートでは無いのでは?と感じています。 そのポリシをドメインコントローラサーバに適用できるように「Default Domain Controller Policy」にリンクします なお、「Default Domain Policy」に設定はしないことを推奨します(理由が知りたい場合は、)。 以下の情報は掲載日時点の情報です。 これらのタグは起動側と受け入れ側のアプリケーションに固有であるため、識別情報のより有効な証明となります。

もっと

Windows Update(2020年3月の更新 → 延期)でLDAP 署名(LDAPS)と LDAP チャネル バインディングが有効になる(その1:すべきこと)

上記の説明をみると、「LDAP 署名、およびLDAP チャネルバインディング の必須」に読めそうです。 MSの以下サイトを参考にします。 記事を読むとデフォルトでは、レジストリキーである「LdapEnforceChannelBinding」の値が「0」のようでそれを「1」もしくは「2」にするというものです。

もっと

LDAP署名およびLDAPチャネルバインディングの影響について

参考 Microsoft Security Response Center のblog [AD管理者向け] 2020 年 LDAP 署名と LDAP チャネルバインディングが有効化。

もっと

LDAP署名/LDAPチャネルバインディングとCBT (Channel Binding Token) の仕組み

ただし、LogstorageコンソールサーバのトラストストアはLDAPS通信だけでなく、コンソールサーバから発信されるSMTPS通信(定期レポートのメール送付や、動作ログのメール通知等)においても証明書の確認が有効となるため、コンソールサーバからのメール発信時にSMTPS通信を利用している場合は、ADドメインコントローラーの証明書をトラストストアに追加しただけでは、SMTPS通信が失敗する場合があります。

もっと

「2020 年 LDAP チャネル バインディングと LDAP 署名を有効」について調べてみた

アプリケーションの認証方法について、通信プロトコルからの独立性・汎用性を高めるためのフレームワークです。 GSS-API では『認証』に関する抽象的なシーケンスを定めています。 2020 年 3月の Windows アップデート後、Microsoft LDAP サーバーでデフォルト設定を使用する場合のこれらの変更の結果は次の通りです。

もっと

ADFS環境におけるLDAP チャネルバインディングと LDAP署名有効化の影響について(その1)

重要: Microsoft が 2020 年 3 月にこれらの変更を実装する前に、サービスの中断を防ぐために、以下のソリューションまたは回避策のいずれかを実装する必要があります。 今回のご案内は以上です。

もっと