揮発 性 メモリ。 揮発性メモリとは 「揮発メモリ」 (volatile memory) きはつせいメモリ:

【福田昭のセミコン業界最前線】方向転換を迫られる強誘電体不揮発性メモリの研究開発

数多くの改良を経て、現在主流となっているDRAMの規格は「DDR4 SDRAM」です。

もっと

PCのメモリはなぜ全て不揮発性にしないのでしょうか?メモリには、電源の供給がな...

ICの高機能化、多機能化が進むことで、電卓やデジタル時計などの機器以外にも、エアコンや炊飯器のセンサー、パソコンやゲーム機、スマートフォンなどのさまざまな機器に使用されるようになり、現在では私たちの生活になくてはならないものとなっています。

もっと

DRAMとは?メモリを選ぶうえで理解しておきたい基礎知識を解説

しかしSRAMには、回路が複雑であることや容量あたりの単価が高いといったデメリットもあり、量産化に向いていないため、パソコンの主記憶装置としてはDRAMが使用されるケースがほとんどです。 フラッシュメモリには、代表的な種別としてNAND型 ナンドがた とNOR型 ノアがた という二つの種類があります。 ほとんど漏れないのであれば長期保存ができます。 DRAMとSRAMの違い DRAMと同じ「揮発性半導体記憶装置」には「SRAM(Static Random Access Memory)」と呼ばれるものもあります。 MRAMとかの本当の意味での不揮発性リードライトメモリが実用化されれば 変わってくるんでしょうが、現在は15年前のSRAM,DRAMと同一の容量です。 ROM Read Only Memory・ロム とは、その名の通りデータの読み出しだけが可能なメモリです。 まとめ DRAMを知っているとメモリ選びに役立つ この記事では、パソコンで用いられるメモリの1つ「DRAM」についてご紹介しました。

もっと

揮発性メモリとは

しかしそう考えると疑問は深まる。 ということで、「書き込むとまれにすごく待たされる」ことがあったりします。

もっと