真昼 の 死闘。 真昼の死闘 : 作品情報

真昼の死闘|MOVIE WALKER PRESS

メキシコを舞台に、偶然出会った流れ者のスゴ腕ガンマンと若き尼僧が、一緒に旅をしながら褒賞金目的の戦いに手を組んで活躍する姿を描いた西部劇。 それなら尼僧らしく死体を埋葬したらどうだ?と言うと、サラは彼の頬をいやというほどひっぱたいて、シャベルを取った。 一緒に旅を続けるうちに、ホーガンはサラを使ってフランス軍の動きを探ることにした。

もっと

【放送情報】真昼の死闘

音楽:エンニオ・モリコーネ• 脚本は、「外套と短剣」「白い肌の異常な夜」のアルバート・マルツ。 ネタバレだが、女は尼僧の格好をしただけであって、最初の悪人3人の一人が行った「淫売」が正しかったようだ。 サラは十字架をかざして先住民を追い払い、ホーガンの傷の手当てをすることになりました。

もっと

真昼の死闘|MOVIE WALKER PRESS

Clint called this a western version of The African Queen. 監督のとはこの後、『』でもコンビを組み、師弟関係ともいえる間柄となります。 撮影:ガブリエル・フィゲロア• ゲリラの勝利だった。 4)マカロニ繋がり イタリア時代の盟友に音楽を担当させたのは、の口添えがあったのでしょう。 メキシコの革命派と合流したホーガンらは、と相対することとなる。 偶然にもサラはチワワ要塞に精通していたため行動を共にする。 原題は『Two Mules for Sister Sara』(シスター・サラの二頭のラバ)であることからも、邦題が『真昼の決闘』に便乗したタイトルであることは明白。 襲ってきたインディアンはキリスト教を信仰していたため、サラは自らを楯にしてホーガンの命を救い、彼に指示されて傷の手当てを行う。

もっと

【放送情報】真昼の死闘

頬はこけ、むさくるしい鬚面だが凄腕だ。 監督は『ダーティハリー』のドン・シーゲル。

もっと

【放送情報】真昼の死闘

脚本:アルバート・マルツ• 殺される可能性もあったサラは動揺しながら、サンタマリア行きの列車には、武器弾薬が積み込まれることをホーガンに知らせました。 本作はよく『真昼の決闘』 1952 とよく間違われますが、まったく関係がありません。 『真昼の死闘』は終わりを迎えようとする西部劇の残り香のように思える。 。 大佐を知っていたサラは、祈る間に目覚めた彼に気づかれてしまいます。 ホーガンたちは地下道を通って駐屯地の地下牢に到着するが、地上への出口は施錠されており浸入できず、サラは「自分をフランス軍に引き渡して地下牢に入れさせる」と提案し、ホーガンがその役目を引き受ける。 サラの活躍が始まった。

もっと