暴露 本 トランプ。 メアリートランプの大統領暴露本の内容とは。ついに出版決定。

ボルトン「暴露本」が示した、想像を超える日本への関心と信頼:日経ビジネス電子版

ですが、現時点では日本語翻訳版が出るという情報はありませんでした。 「余分な詳細が多く、すべてを語っているのに、決定的なことは何も言っていない」。 雑誌には広告が入らなくなり、書籍の発売も延期になる. エディ・S・グロード・ジュニア 作家ジェームズ・ボールドウィンの活動を検証し、現在の反黒人差別運動を論じる。 まだまったく結果が読めない状況です」(在米ジャーナリスト) 再選に向け、意気軒昂なドナルド。

もっと

トランプ大統領は父親の「造形物」-めいメアリー氏の暴露本14日発売

うそをつくことは悪ではなく「生き方」の一つ。

もっと

身内からの暴露本で万事休す、トランプ大統領(2020年7月11日)|BIGLOBEニュース

政権就任以来、最高裁の保守化を最優先議題に掲げ、実現したと思っていたトランプ氏にとっては大誤算だ。 このほか、白人のフェミニズム活動家から無償で講演を依頼されることに対する反発なども語られている。

もっと

「トランプ氏、元凶は父の教育方針」めいが出した暴露本の中身:朝日新聞GLOBE+

そこでメアリーさんの本が暴露した財務記録文書が重要な意味合いを持ってくる。 一方、大統領と濃い血でつながる姪の臨床心理士の「カルテ」とは迫力が違う。 その邦訳本が9月15日、日本でも緊急出版された。 「二期目」を目指す、よく似た二人 ボルトン前大統領補佐官も、この人の暴露本を出版 さらに、二人に共通しているのが 「fraudulent」(詐欺行為を行う、人をだます)と、多くの人から非難されている点です。

もっと

ドナルド・トランプの姪が暴露本で明かす衝撃的スキャンダル

二人とも頼れる側近がいない、身内から人気がないという点も共通していて、日米「スキャンダル政治家」のあまりのそっくりぶりに驚くばかりでした。 「あまりにも突出した、私の家族が世界で最も危険な男を育てた方法」について伝えます。 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 11月3日の米大統領選挙まで2か月を切った。

もっと

身内からの暴露本で万事休す、トランプ大統領 唯一の姪・メアリー氏が装填した「2つの爆弾」とは(1/7)

同様に人種差別問題について学者が書いた、イブラム・X・ケンディの『How to Be an Antiracist(反人種差別主義者になる方法)』や、ロビン・ディアンジェロの『White Fragility(白人の脆弱さ)』と比べると、本書は、個人の経験に基づいたエッセーであるために、人種差別を受けている人間の思いがより生々しく伝わってくる。

もっと

メアリートランプの大統領暴露本の内容とは。ついに出版決定。

(米国の伝統的な保守主義が何かを分かっていない知的常識の欠如と言っては米大統領に対して失礼か) ロバーツ首席判事は判決文で「大統領といえども刑事容疑に関する召喚から免責されることはない」と読み上げた。 トランプ氏は友人の妻を口説くため、オフィスで友人と話をしている場面を友人の妻に盗聴させていたという。 トランプ大統領の「暴露本」著者であるメアリー・L・トランプってどんな人?|ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)公式. 指導者とは程遠い」と酷評。 しかし、そんな彼の「急所」となる本がアメリカで7月14日に発売された。 世の中は勝つか負けるかのゼロサムゲーム。 8 How to Destroy America in Three Easy Steps Ben Shapiro ベン・シャピーロ 米保守派の論客が米国の歴史と理想と文化について持論を展開。 メアリートランプの暴露本出版決定 ドナルドトランプ大統領 メアリートランプの暴露本が7月14日に出版が決定。

もっと